MASHA(マシャ)

No.24 「美しさの お・す・そ・わ・け」 2019/12/31


【 Magazine 】 MASHA / N.Komatsu Couturiere

i-mashaをご覧の皆様、Naoko Komatsu CouturiereのデザイナーKomatsuです。

18周年を迎えた2019年の営業を皆様のおかげで無事に終了することができました。
ありがとうございました。そして皆様本当に2019年お疲れ様でした。

2019年は 皆様にとって どんな1年でしたか?
前向きに 楽しく過ごすことができましたでしょうか?

年の瀬になると 本当は日々の忙しさに埋もれてしまう事、
本当はなかなか思った通りにいかない事を忘れて
純粋にやりたい事を思いついて考えたり、前向きな気持ちが不思議と湧いてきます。

平成から令和へと新しい元号になった記念の年にMASHA自由が丘店は18周年を迎え
皆様からお祝いのお言葉をたくさん頂いて、さきの記憶に残る感謝でいっぱいの1年になりました。
「20周年を迎えたい」という希望と 頑張る気持ちを頂きました。

あっという間に過ぎた令和元年。
前を向いて洋服を作ってきたつもりでしたが、
振り返ってみると 何だか物足りない、不完全燃焼的な ふがいなさを感じます。

何かを突き詰めていく事を、続けられることは幸せなんだと思います。
これでいいかなと満足したらそこで終わり。たぶん最後まで未熟者なんだと思います。
来年は1枚1枚にもっと気持ちを込めて いけるところまで満足を追求します。
また 年の瀬に振り返った時 頑張った と思えるようにしたいです。

来年は 早寝早起き生活に変えていこうと思います。
1人の時間を求めて とにかく夜遅くまで アトリエに残っておりました。
来年からは朝型に変えようと思います。
だからというわけではないのですが、
来年から営業時間を11:00~19:00までとさせて頂くことになりました。
お会いできた時に皆様にお伝えさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

あと全く興味がなかったのですが、「ボヘミアン・ラプソディ」と言う映画を観にいって以来
クイーンにはまり 最初違和感しかなかった、フレディ・マーキュリーの奇妙な動きを
毎日見ないと物足りない感に襲われるほど魅了されました。
毎朝お掃除をしながら クイーンを聞いて元気にスタートしていました。

そして今年は 久しぶりに ソプラノ歌手 桜井純恵様の 大きなドレスに挑ませて頂きました。
とても美しいソルティスの芸術的な生地です。
最初に思い描いたイメージに近づけられた 素敵なドレスに仕上がったと思っています。


皆様に美しさの「お・す・そ・わ・け」です。
12月30日から1月2日までショーウインドーにディスプレイします。
美しい気持ちで 良い年越しと 良い新年をお迎えて頂けたら嬉しいです。
そして2020年 皆様に たくさんの素敵なことが おとずれますよう願っております。

2019.12.31 MASHA designer Naoko Komatsu

新年は 1月3日 11:00より 福袋をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。


 

magazine バックナンバー

★No.24 「美しさの お・す・そ・わ・け」

No.23 「18周年」
No.22 「やり遂げる強い心」
No.21 「志を高く、そして深く」
No.20 「15周年YEARに向かって」
No.19 「本物のPRIDEをめざして」
No.18 「細ーい糸を辿って」
No.17 「立ち止まらずに作り続けること」
No.16 「デザイナーブログ500回突破♪」
No.15 「MASHA自由が丘10周年」
No.14 「地球人で生きてみる」
No.13 「出会いと別れの季節」
No.12 「ガブリエル・シャネル」
No.11 「運命の色」
No.10 「STAY GOLD」
No.9 「すばらしかったキルトの世界・・・」
No.8 「今年も1年ありがとうございました!」
No.7 「真っ赤なカシミヤコート」
No.6 「おしゃれの季節・・・」
No.5 「Wedding Princess Dress」
No.4 「まだ早い?コートを製作中!」
No.3 「みんなで『可愛い』を連呼!」
No.2 「たった2枚のワンピ」
No.1 「パリジェンヌと素敵な生地」

PAGE TOP